引越しトラブルの対処法

 

引越しトラブル物壊された編

 

引越しトラブルは、できれば起きてほしくない事態ですが、
どこの業者を選んでも、起こりうることです。
引越し業界は、“クレーム産業”と呼ばれるほど、
トラブルが多いのが現状です。

 

あらかじめどういうトラブルがあるか知っておきましょう。

 

引越しトラブルの対処法

 

引越しのトラブルで気になるのは、
家財の損害
・『家具をぶつけられた』
・『床に傷をつけられた』
・『荷物を紛失された』

 

引越し業者は、家財に対して保険をかけていますが、
なぜ、トラブルやクレームにまで発展してしまうのでしょうか?

 

 

まず最初に頭に入れておくべきことは、
『家財に損害をうけた場合でも、必ずしも補償を受けられる訳ではない』
ということです。私も、初めて知った時は驚きました。

 

引越し業者は、“標準引越運送約款”を元に補償を行っています。
補償については、約款の第九章に記載されています。

標準引越運送約款

 

この一文を読む限りでは、
ほとんどの場合で補償してもらえそうですが、
実際には、業者側に過失を認めさせる必要があります。
「うちでつけた傷ではありません」
「もともとついてたんじゃないですか?」などと、
一点張りをされて補償してくれないケースもよくあります。

 

 

適切な補償を受けるためには、
利用者側もしっかりとした予備知識をもっておくことが大切です。

しっかりと補償を受けるためには

 

1. 見積もり時点で補償内容を確認しておく

 

引越し業者は、約款を使って運営しているとはいえ、
補償の適用範囲、補償金額は各社で違ってきます。
荷物の全てを補償してくれる業者もあれば、
補償を受ける荷物は申告をする必要がある業者もあるので、
注意してよく確認しておきましょう。

 

 

また、約款の中でも補償の例外があり、
貴重品や壊れやすいもの、変質又は腐敗しやすいもの、
運送するにあたり、特段注意が必要な荷物
などは適用範囲外となっています。

例:
現金、宝飾品、骨董品、絵画、パソコン等のデータ、ペット、植物、食品、ピアノ、人間など

 

この例外についても各社で異なります。
ペットやピアノの運送などをしている業者もちゃんとあります。
中には「運びはするけど、例外なので補償しません」
という業者も存在します。
しっかりと担当者さんに確認しておきましょう。

補償内容をはっきりと答えてくれない業者には絶対に頼んではいけません!

 

2. 家財の状態を確認しておく

 

訪問見積もりの際に、営業の方と家財の状態を確認しておきましょう。
家具のがたつきや傷の有無、電化製品の動作確認を行います。
余裕があれば引越し当日でも可能ですが、
慣れない引越しの当日は、バタバタしてしまいます。

 

 

不安であれば営業の方から、
「家財に損害がでた場合は補償します」と、
一筆もらっておくと安心です。

 

3. 申告はできるだけ早めにする

 

家財の損害に気づいた場合は、
できるだけ早めに申告しましょう。
約款では、補償の適応期間は3か月以内と明記されていますが、
申告が遅れるとうやむやにされる危険もあります。
できれば一週間以内には連絡をいれましょう。

 

 

エアコンや暖房、扇風機などの季節限定で使用するものは、
動作確認もしておくことが大切です。
冬に引越しをした場合、夏物は開封が遅れガチになりやすいものです。

 

引越し日から3か月以上経過してしまえば、
明らかに引越し業者側にあったとしても補償は受けられません。
「気づいたときにはもう遅い」ということにならないようにしてください。

 

 

以上の3点に気をつけていれば、
万が一の場合でも問題なく補償が受けられます。
補償が受けられずに泣き寝入り。なんてことにならないようにしましょう。
万全を期した場合でも、補償を渋られたときは、
『国民生活センター』で相談にのってもらえます。

 

 

約束がちがう編

 

 

到着が遅れる

 

引越し業者の到着が大幅に遅れるという意味です。渋滞で到着が遅れるのは仕方ない部分があります。

 

フリー便でよくあるのが、引越し業者が午前の件終わって、午後に2件目があって。あなたの家にその後夕方にやってきたときには、日が暮れていたなんてこともよくあります。

 

午前の人が長引いた。渋滞にあった。さらに、午後の件も長引いたとなると、当初の約束が16時頃だったのが、20時到着ということになります。

 

引越し業者はとにかくその日に終えてしまいたいし、お客さんも翌日は仕事だから、その日に終えたいと思っていることが多いです。

 

近所の引越しだから夕方開始すれば、20時くらいには終わると見込んで、フリー便にした場合でも、20時開始となったら、終わるのが24時になってしまいます。

 

赤ちゃんがいるご家庭だと大変です。ママが疲れてしまいます。

 

フリー便が安いのはいいことなのですが、リスクもあることを知っておきましょう。安さでフリー便にしたのに、高くついてしまいます。

 

引越し業者が来ない!

 

引越業者が当日来なかったトラブルは実際にあります。実際に聞きますし、Yahoo知恵袋にも載っています。

 

引き受けられる量よりも多くの契約を取って、当日割のいい引越しや、その組み合わせで客を選ぶの業者があるのです。。。

 

こちらから「トラックが来ないけど。どうなってるんだ!」とクレームを入れると、「そもそもそんな予約受けてない」と切り返してくる業者があります。引越しの予約を取ったら、確実に見積もり書、確認のメールをもらいましょう。

 

単身者の小さい引越しだったりすると、書類を交わさない人がよくいるんですよね。口約束だけでは危険です。

 

わざとにせよ、わざとでないにせよ、引越し当日に業者が来てくれなかったらとんでもないことになります。

 

マンション賃貸契約が3/16に退去の場合、3/16に退去できなければ、ペナルティーが発生します。あとで、それも引越し業者に請求するわけですが、大変です。

 

なかなか責任を認めない引越し業者(だったり、担当だったり)はあるので、最初からそういう業者、担当に合いたくないものです。

 

 

引越し業者のトラブル・クレーム対処の仕組み

 

お客さんからのトラブル・クレームをどういうふうに対処しているかは、引越し業者によります。

 

言っても受け付けてもらえないトラブルもとても多いです。その原因は、支店単位でクレームを受けていることが挙げられます。クレームを起こした支店は本社から怒られるのです。だから、支店は簡単にクレームを認めないのです。

 

支店単位が悪いわけではないのですが、売上や受注管理が支店ごとの場合、トラブルを聞いてくれるかは支店長次第になるので少々怖いです。

 

本社が一括してクレーム受付している業者は支店より安心です。

 

 

大手業者でも悪い口コミを多く見ます。それにはデキる作業員は大口の引越し現場に行ってしまうケースが多いことが挙げられます。

 

小さい引越しは経験が足りない作業員が来るわけです。何もなければ、経験が少ない作業員でもいいのですが、、、

 

作業員の人数もトラブルに影響を与えます。2人より3人、4人のほうが、1人あたりの負担が減ります。「集中力」という問題からも家具に傷をつけるリスクが減ります。

 

作業時間が長引けば、人間なので集中力が落ちます。集中力が落ちる前に作業が早く終われば、トラブル、家具破損リスクは減ります。

 

料金が安いのとトラブルの可能性のバランスを考えたほうがよさそうです。

 

 

>>引越し前に行う準備【荷づくり編】のページに進む

引越しライフル

引越し達人

スーモsuumo

ライフル、ホームズ

単身引越しに強いライフル!単身が安い赤帽の見積もりが取れる!ここは取っておくことをおすすめします。ダンボール、ガムテープなどの資材がもらえることもよくあります!信頼できる安い引越し業者はこちらで見つかります。

達人

入力45秒、ラクに申し込める一括見積り!引越し料金をできるだけ安くしたい人は見積もりを取得してみると良いです!引越し費用の削減は複数社を比較することから始まります。大手から中小業者まで幅広く比較でき、見積りも最大55%オフになるのが達人の特徴です。

SUUMO

業界初の電話がかかってこない一括見積り!電話番号入力が任意!見積もり自体も安いのが取れます。大手リクルート運営なので安心感バツグン!の引越し見積り!

引っ越し安い〜格安引越し業者の費用比較サイト TOPページに戻る