長距離引越し 東京 横浜〜福岡 単身の料金相場

 

長距離 東京or横浜〜福岡市中央区への引越し見積もり比較

 

条件:1LDK 一人暮らし 2トンロングで足りる荷物量 作業員4人 梱包・開梱作業付(らくらくパック) 3月20日(祝)搬出 3月22日(日)搬入

業者名 見積もり3月 普段の見積もり
アート引越センター 83万円 45万円
サカイ引越センター 77万円→70万円 40万円
アリさんマーク 72万円 35万円
ハイグッド引越センター 45万円 23万円
じゅんすい引越センター 40万円 20万円
日本通運 65万円 32万円
日本通運※ 12万円 11万円

※単身パックL2基。単身パックの詳細はこちら

 

大手(サカイ、アート引越、アリさんマーク)の相場は大体70万円〜80万円。印象としては、即決を条件にすれば65万円まで安くなる印象(らくらくパックなしにすれば-12万円=53万円)。
小さい引越し業者の相場は40万円〜45万円。

 

東京・神奈川−福岡市内の引越しの3月の最安値:大手は48万円。小さい引越し業者25〜30万円。

 

 

最後は真剣に契約を考えてる業者と即決して安くしてもらうといいですね!最後の一押しで!


 

長距離引越しの相場

 

訪問見積もりとネット・電話見積もりの違い

 

アート、サカイ、アリさんは訪問見積もりをやっていたので、訪問見積もりしてもらいました。

 

じゅんすい引越センター、ハイグッド引越センターは訪問見積もりやってないので、電話見積もりでした。

 

違い 長所 短所
訪問見積もり

・実際に見てもらえるから漏れがない
・どのくらい値引きできるか「熱量」がわかる

・家の中を見られる(営業マンは気にしてないですが)
・女性一人の場合、圧迫感がある

電話・ネットで見積もり ・電話で済むので楽

・申告漏れが気になる
・引越し当日「それは聞いてない」と言われる可能性がある
・伝え切れているか不安を感じた

 

訪問・電話見積もりの違い ポイント

 

・サカイ、アート引越、アリさんのような大手の営業マンに来てもらうと分かりますが、対応がきちんとしています。ここの会社なら荷物を任せられるという気持ちにさせられます。その上で、運搬量を見てもらって見積もりを出してもらいましょう。即決せず、4社くらいは他社の見積もりと比較しましょう。そうしないと相場を把握できません。

 

 

・ハイグッド引越センターは女性オペレーターでした。電話で荷物、家電家具を伝えました。「ダンボールいくつくらいですかね?」と聞かれましたが、わかりませんよ。「だいたいダンボール大10箱、小10箱用意します」と言われました。「タンス、テーブルは何センチくらいですかね?」と聞かれました。測るのがとても面倒くさい。

 

サカイ引越で訪問見積もりしてもらったと私が言ったら、「サカイさんの車両コード教えてください」「サカイさんの見積もりはいくらでした?」と聞かれました。

 

「車両コードはK」と伝えました。「サカイの見積もり言ったら、御社の正しい見積もり金額が出なくなっちゃうでしょ」と言って金額を教えませんでした。

 

この女性オペレーターは現場を知ってるのかな?当日「積み切れませんでした」となったら困る!電話見積もりは不安でした。

 

長距離で荷物が一定量ある場合は、訪問見積もりしてもらって、確実に荷物量を把握してもらったほうがいいと思いました。電話見積もりはすごく不安を感じました。

 

 

長距離引越しは特に、訪問見積もりをおすすめします!


 

・じゅんすい引越センター(福岡の引越し業者)はサカイ引越センターの社員が10人ほどが集まって独立したそうです。家電家具・荷物量を伝えたら見積もりは出してくれました。

 

福岡まで28万円、30万円

 

ですが、最後には「他社さんで訪問見積もり取られるならその結果を教えてください。そこでまた調整しますよ」と言われました。そんなのでいいのか??と感じました。

 

やはり、訪問見積もりをやってない会社は荷物が多かったり、長距離引越しは危ない。向かないです。本と衣類しかないようなダンボール20箱の単身引越しだったら電話見積もりで済ませてもいいのかもしれません。

 

 

長距離引越しの注意点

 

東京(横浜)〜福岡の引越しの場合、中1日〜2日かかります。それに伴い、東京でのトラック、人件費+福岡でのトラック、人件費がかかるので、料金がかさみます。

 

同一市内の引越しや、1日で終わる引越しの場合は、1日分のトラック、人件費で済むのでそれほど高くなりませんが、長距離は2日分のトラック、人件費がかかります。

 

 

トラブルで多い荷物紛失 長距離の運び方に原因がある

 

引越しで荷物がなくなる事故があります。「どうやったら、こんなに大きな家具、ダンボールがなくなるんだ」と思うところですが、その理由は、トラック積み替えをやった場合です。

 

サカイ営業マンいわく、トラック積み替えをした人の3人に1人の割合で荷物が紛失しています。

 

トラック積み替えとは、長距離引越しの場合。東京→福岡を例にしますと、
@東京都内の搬出地→基地に2トンで運ぶ。基地で長距離用10トントラック積み替え。

 

A長距離用10トントラックが東京の基地→福岡市の基地まで運び、福岡市内の基地でその荷物を降ろす(混載便)。

 

B福岡の新居へ届ける用の2トントラックに積み替える。

 

3回トラックに積む作業があります。この積み替える時に多くの作業員がかかわると、家具・荷物が他の人の家具・荷物と混じってしまうことがあるのです。基地に荷物を積み忘れることもあります。

 

アート引越センターの場合ですと、

@アート引越センター東京支店が荷物を搬出→東京の基地で降ろす。

 

A東京の基地→福岡の基地までは別の協力会社が運びます。

 

B福岡の基地→新居まで別の引越し業者(アート引越センターの制服を着ているがフランチャイズ)が運ぶ

のです。

 

こういう運搬の仕方をすると、3社絡むことになります。3社が荷物の出し入れをしたら荷物紛失が多くなることが想像できるでしょう。そして、いざ家具破損が起きたとき、アート引越にクレームしても「うちじゃありません」「うちが引き受ける前についていたキズなんじゃないですか?」と言われたら訳わからなくなります。

 

というわけで、訪問見積もりのときに「トラック積み替えなし、自走でお願いします」と確認しましょう。

 

自走(自社で走る)とは、一旦家電家具を積んだら、そのまま新居に搬入することです。積み替えなし、他社の手を借りないでそのまま搬入先に行くことです。自走してもらえば、荷物はなくならないのです!

 

 

どうやって運送するのか聞く

 

長距離の場合、トラック輸送の他、鉄道輸送もあります。アリさんマーク、ハトのマークは鉄道が強いです。フェリーを使うこともあります。鉄道、フェリーの場合はコンテナの中で家具が揺れます。家具同士がぶつかり合い家具が破損する可能性が高くなります。

 

梱包を自分でやるなら厳重に梱包したほうがよいです。

 

東京、神奈川→福岡であれば鉄道を使わず、トラックで行ってもらうのが一番安全です。

 

 

時間指定が難しい

 

搬出は時間指定できますが(3月、土日など繁忙期はできない)、長距離引越しは時間指定が難しいです。

 

その理由は、交通渋滞、鉄道遅延があるからです。福岡の搬入先では時間指定はできず「9時〜18時で見てください」と言われることでしょう。

 

 

東京・神奈川県横浜〜福岡の引越し まとめ

 

・金額が高い 単身1LDKの荷物量 2トンロングで相場35万円〜40万円。3月相場は60万円〜90万円。

 

・長い時間 家具荷物を手放すことになるので家具破損のリスクが上がる。

 

・長距離は、大手が安心。自走してくれる業者がベスト。訪問見積もりの際に運搬方法を確認する。

 

・中小業者だと、東京と長距離輸送と福岡運搬は完全に別業者が作業するので、家具破損があった場合、責任の所在を問いにくい。「うちじゃない」「弊社ではありません」と押し付け合いになる可能性が高い。

 

 

長距離の場合こそ、一括見積もりを取って、比較してみることをおすすめします!料金差が出やすいです。


 

 

>>長距離の引越しをとにかく安く!単身パックは安い 相場・料金のページに進む

引越しライフル

スーモsuumo

引越し達人

ライフル、ホームズ

単身引越しに強いライフル!単身が安い赤帽の見積もりが取れる!ここは取っておくことをおすすめします。ダンボール、ガムテープなどの資材がもらえることもよくあります!信頼できる安い引越し業者はこちらで見つかります。

SUUMO

業界初の電話がかかってこない一括見積り!電話番号入力が任意!見積もり自体も安いのが取れます。大手リクルート運営なので安心感バツグン!の引越し見積り!

入力45秒、ラクに申し込める一括見積り!アート、サカイなど大手から中小業者まで見積もりが取れます。料金は最大55%安くなることも!ここは良い業者を教えてくれます!
引っ越し安い〜格安引越し業者の費用比較サイト TOPページに戻る