安い時期と高い時期

引越しには、安い時期と高い時期があります。

 

 

結論

 

安い

1月 2月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月上旬
平日火曜 水曜 木曜

高い 3月20日〜4月1週目の土日、土日祝、月末(29日 30日 31日)
ふつう 平日月曜 金曜 12月下旬

※3月、4月→年で一番混む時期を「繁忙期」と言います。
※5月下旬、6月、10月、11月を閑散期と言います。

 

4月は通常月です。安い時期です。月曜〜木曜日は安いです!引っ越すなら今。月曜〜木曜日の平日に限る!

 

土日祝日は高いです。

 

 

引っ越すなら平日に!

 

3月に出払っていたトラックが余っています。アルバイトも解放し、人員も余っています。4月、5月は作業員全員が正社員に来てもらうこともできます。

 

料金は安いし、作業の質も上がる。

 

引越しするなら4月、5月の安い時期(平日)に限ります!

 

 

土日にどうしても引っ越す場合でも安くできる

 

土日祝日は高いですが安くできます。安い引越しはできるので、安くしないと損します。ライフルなどの一括見積もりに申し込んでみると色々な金額が出てきます。それで相場が分かります。

 

大手は少々高いですが、安い時期ならば、中小の引越し業者で空いているところがあります。
空いてて安い業者が分かるので、条件を聞いてみるのです。

 

なるべく安くしてほしいが引越し完了するのが夜遅すぎるのは困る」のように、条件をつけて、見積もり金額を聞いてみましょう。

 

何社か聞いてみると、納得できる「安い見積もり」が取れますよ。

 

※損したくない!安い引越しをしたいなら、とにかく比較が大事!比較してみないと相場がわからない!その出てきた金額が正しいのかどうかわからない!

 

 

3月はなぜ料金が高かったのか?

 

3月20日以降〜4月上旬までは避けたほうがよいです!3月下旬は避けられるならば避けましょう。その前後に引越ししましょう。

 

その理由は、年度末は会社員の人事異動の最前線期間だからです。学生が新社会人になるに当たり、引越しする時期でもあります。

 

高校を卒業した学生が大学、専門学校に行くため、引越しする時期です。

 

 

転勤の引越し、新社会人・4月から大学生・専門学校生の引越しが重なります!


 

毎年、同じことが行われるため、引越し業者も「いつ混むか」「料金をUPしても大丈夫か」を知っています。だから、引越し業者も料金を下げません。

 

「ドライバー不足」がニュースになっています。それが拍車をかけ、引越し自体をできない人も現れると言われました。実際に、引越しできず、運送する日をずらした人も多かったのです。

 

 

3月の引越し〜引越し業者が料金を下げない理由

 

毎年のことだから引越し業者は料金はだいたいいくらと知っています。

 

3月は繁忙期だから、引越し業者は高い見積もりを出して、お客さんに断られてお客さんが取れなくてもかまわないのです。

 

その理由は、、、

 

会社員の転勤による引越しが駆け込みで入って来ることを知っているからです。

 

急遽引越しになったり、引越しの準備をしてなくて間際になって駆け込んでくる会社員がたくさんいるのです。会社が2週間前に急に転勤を言い渡すこともよくあります。

 

その会社員の引越し費用は「会社持ち」!!会社持ちだから、見積もりがいくらでも成約するわけです。

 

(ぼったくりはダメですが、そこそこ高い見積もりでもそのまま成約します)

 

 

お客さんである会社員は一応、相見積もりは取る格好を見せますが、本気で交渉しないので、高い見積もりを数社取りよせて、その中から適当な業者と契約します!会社が引越し費用を出してくれますからね!

 

学生のお父さんお母さんが子供のために引越し費用を出すのと違うんです!

 

私たちが引越しするときは、複数の業者に来てもらって見積もりを取り、その都度、鋭意交渉します。

 

引越し業者としても、そんなに手間をかけず会社員の駆け込み引越しを取れば、高値でどんどん申し込みを取れてしまうから、早い時期に安い値段で引き受けなくていいのが3月20日以降なのです。

 

ポイント:会社員の転勤(引越し)にはかなわないから3月下旬の引越しは避ける!

 

どのくらい料金が違うか?

 

最大で3倍です。荷物の内容が変わらなくても、
閑散期で10万円でできる引越しが、
30万円まで膨れ上がることもあります。

 

※大手は高くなりやすいです。企業と提携しているので、企業の引越し(会社員の転勤とオフィス移転)に作業員とトラックを取られます。余力がなくなってきます。

 

大手は、条件の悪い引越し:アパート6F(エレベーター無し)→アパート3F(エレベーター無し)のような引越しは積極的に受けなくなります。
疲れるし、金額もそれほど取れない引越しは積極的に受けなくなります。

 

そういう引越しは中小に回ってきます。中小の引越業者も忙しくなり、金額が上がって行きます。

 

 

ただ時期が違うだけで、
サラリーマンの一ヶ月分のお給料位の違いがでます。
また、繁忙期では値段交渉が難しくなり、
サービスの質も低下する傾向にあります。
可能であれば、時期を調整して引越しをすることをおすすめします。

 

時期をずらせない場合はどうすれば良いか

 

どうしても3月、4月最初の土曜・日曜に引越ししないといけない場合。

 

1.まずは、一括見積もりで6社〜8社くらい取り、その時の相場を知りましょう。最初は時間指定をします。午前搬出にしましょう。

 

2.その中から安い見積もりを出した3社ほどと交渉します。あとで、電話をかけます。

 

3.そのとき、他社の見積もりを見せるか、口頭で伝えます。

 

4.どうしてもやってほしい業者が料金を下げてくれない場合、、、

 

5.フリー便にするのと、貴社の都合、要求があれば応じる覚悟があるから、料金を安くできないか?もちかけます。

 

※フリー便とは、搬出、搬入を引越し業者の都合に合わせるという意味です。
ただ、夜遅く搬入されると、作業員が疲れていてミスが多くなるので、それだったら翌日でいいから午前か午後イチにしてほしい旨伝えましょう。

 

 

6.ここまで言って、料金が下がらなければ、、、

 

これ以上は仕方ありません。その業者にその金額で頼むか、別の業者に頼みましょう。

 

高い金額で申し込みせざるをえない場合、「その金額で了解する。ただし、作業員が疲れて集中力を欠いたなどのケアレスミスは本当にないようにしてほしい。家具を傷つけたり、ものを壊さないようお願いします」と伝え、引越しの質を上げることで納得しましょう。

 

いずれにせよ、会社員の駆け込み申し込みにはかなわないので、ある程度のところで妥協せざるをえません。

 

引越し業者に断られて、引越しの予約自体を取れないのでは話になりませんから、、、

 

これが3月中旬以降の引越し予約の実態なのです。

 

 

引越し業者が決まらない〜訪問見積もりの予約も取れない

 

引越し業者からジャンジャン電話が来て、迷惑だという口コミが多いです。

 

ところが、3月分引越しの予約受付期間中は引越し業者は混み合います。

 

この期間中は、引越し業者から連絡が来ないで放置されることもよくあります。

 

日にちの予約をしてありました。何時に訪問見積もりに来るかは前日に決まる予定でした。当日に時間の連絡をしましたが、業者から連絡が来ませんでした。
引越し安い時期と高い時期

 

この案件をやりたくなかったか、他に都合の良い案件があったのでしょう。

 

訪問見積もりさえ予約を取るのが大変です。引越し業者が決まらない!という人もいます。早めに決めたい場合は焦ります。

 

 

3月の引越しが高かった実例(単身女性の引越しやります)

 

東京都品川区→神奈川県茅ケ崎市(50km)、中距離の単身女性の例。

 

普通の荷物量。閑散期の5月、6月平日であれば、大手でも8万円ほどで行きます。2019年3月14日の見積もりはサカイ引越がなんと30万円!!
※3月20日〜31日月末は大手に頼むものではありません。。。

 

中小の引越し業者でなんとか14万円。それでも14万円です!

 

2019年3月はヤマトが引越しを受注していなかったので、それも高騰の原因でした。

 

2019年はドライバー不足もあります。引越し難民が出ると言われました。
※引越し難民とは、引っ越したくても引っ越せない人という意味。

 

とにかく高いのですが、3月14日その日に引越したいのであれば、仕方ないです。一括見積もりに申し込んで、やってもらえる業者から連絡をもらうしかありません。引越し業者そのものの予約が取れなくなっては、引越し延期しなければなりません。

 

 

格安引越し業者は結局どこ?のページに進む

引越しライフル

引越し達人

スーモsuumo

ライフル、ホームズ

単身引越しに強いライフル!単身が安い赤帽の見積もりが取れる!ここは取っておくことをおすすめします。ダンボール、ガムテープなどの資材がもらえることもよくあります!信頼できる安い引越し業者はこちらで見つかります。

達人

入力45秒、ラクに申し込める一括見積り!引越し料金をできるだけ安くしたい人は見積もりを取得してみると良いです!引越し費用の削減は複数社を比較することから始まります。大手から中小業者まで幅広く比較でき、見積りも最大55%オフになるのが達人の特徴です。

SUUMO

業界初の電話がかかってこない一括見積り!電話番号入力が任意!見積もり自体も安いのが取れます。大手リクルート運営なので安心感バツグン!の引越し見積り!

引っ越し安い〜格安引越し業者の費用比較サイト TOPページに戻る